未分類

Webサイトをつくる上で重要な点、注意点とは。

SEOを行う上で非常に重要な要素はいくつかありますが、ページレイアウトもそのうちの一つです。
レイアウトを駆使することで、同じ内容を書いていても、不思議なことに反応があったりなかったりするのが面白いところ。
そこで、この記事ではWebサイトを作るうえでの重要な点と注意点をまとめました。

今よりもWebページの反応を取りたい。
レイアウトをちょうど変えたかったところだ。

という方は是非とも参考にしてみてください。

まず、ページを開いてお客さんが感じること

お客さんが自分が対策したワードで検索し、自分のブログ、サイトにたどり着いたとします。
その時に注意しなければいけないことが
「Above the fold」という概念です。
専門的な言葉ですが、SEOを学んだときに欲出るワードなので知っておきましょう。
次の見出しに詳しくご紹介します。

ファーストビューを意識してサイトを作ろう

意外と知らない人も多いのではないでしょうか。
実は、Googleはページレイアウトに関わるアルゴリズムを発表しています。
これは、ページ内の構成がどのように配置されているかを診断の上、ユーザビリティの観点から評価するということです。

ちなみに、先ほど挙げた「Above the fold」ですが、直訳すると「折り目より上」。
これは、「スクロールせずに観れるWebページの範囲」を指します。

言い換えとしてファーストビューと書いてある著書も多いのでどちらも覚えておくようにしてください。

ファーストビューにどのような物を配置するべきか

ファーストビューに対しての注意点、重要な点をお伝えします。
せっかく自分のウェブページに来たお客さんを適切なサイトに案内しなければいけません。
このレイアウトに関しては、Googleもアルゴリズムの一つとして評価の対象なので、この記事を読んだ後にしっかりと対策していきましょう。

ファーストビューにおける重要な点とは

お客さんがサイトを閲覧した時自分の対策しているワードについて、すぐに調べれる状況を作っておくと、お客さんも検索しやすいはずです。
サイトごとに大切にしていることは違いますが、自分にとって重要なコンテンツを配置する必要があります。
ファーストビューには、メニューバーや、ロゴ等を表示するかと思いますが、自分のお客さんが間違えることなく案内できるサイトを心がけてください。

ファーストビューにおける注意点とは

一方で注意してほしいことがあります。
せっかくアドセンス広告が通ったからといって、ファーストビューに広告欄を多く掲載する人も見受けられます。
なぜダメかというと、何についての記事か、何を目的としたサイトなのかが明確にわからなくなるためです。
そういった意味で、Googleやお客さんから主題が不明瞭になる恐れが大いにあります。気をつけましょう。

もちろん、広告を設置することが悪いことはありません。
掲載するときは、できるだけファーストビューの範囲を占領することなく、設計することが大切です。
重要なテキストやタグをきちんと整理して、オリジナリティにあふれたサイト設計を心がけてください。

まとめ

Webデザインの基本知識をまとめた記事を書きました。
普段気を付けている人にとっては日頃から気を付けて行っていることだと思いますが、
これからブログを続けようと思っている人や、アフィリエイトを意識してサイト作成を仕様と思っている人にとっては参考になったはずです。

最近のGoogleは、いかにサイトのオリジナリティが優れているかがカギとなります。
自分の長所や、お客さんが思わず二度見してしまうようなファーストビューを作っていきましょう。
また、自分はUIデザイナーとしても活動しているので、何かありましたらお気軽にお声かけくださいませ。

本日はここまで!