未分類

「SEOが苦手」とは言わせない!たいすけ流成功へ導く5つの視点。

SEOを取り組むうえで、Webサイト制作の様々な段階において必要な部分をお伝えします。
様々な段階の考え方ですが、お客さんの立場になって考えることが何より大切。
顧客視点で考えるときに必要な5つの視点をご紹介します。

SEOが苦手という人は、どういった点が出来ていないかを確認することもできるはずです。
自分は欲、5つの視点からSEOを考えて分析するので、そのやり方を伝授します。
抜けのないやり方を心がけているので、内容には自信をもってご紹介できます。
どうぞ参考にしてみてください。

サイトを成功へと導くSEO5つの視点

サイトを

視点① Webサイト設計編

Webサイトの設計段階として、最初にWebサイトのテーマや、キーワードサイト構造、ページ構成といった全体像を固めるところからスタートします。

ここで一番大事な作業は、キーワード選定です。
ブログのコンセプトを決めた後、どういったSEO対策ワードで上位表示を狙うかが成功のカギ。

自分の得意ジャンル、検索順位を挙げたいワードを羅列することから始めましょう。

画像

Googleで検索した時に、パソコンの場合、検索結果が表示されます。
その検索結果もチェックすることで、どのワードが上げやすく、どのワードが人気で上位表示されにくいかを自分の目で確かめていきましょう。

サイト設計段階では、Googleの目指す内容になっているか、適した構造になっていることが非常に重要です。
サイト作成前の参考にしてみてください。

視点②デザイン編

Webサイトの設計の骨組み等が完成したらいよいよデザインに取り掛かります。

ここでは、。特にWeb再tぽの表示にかかるSEOとの関わりについて意識する必要があります。そのため。、画像の仕様においては、使用方法や仕様数を配慮します。

また、キーワードの調整においても、デザインを施す際に上手に活用しなければいけません。
画像を作成するときに、どのようなデザインにするか、どのような画像を準備するか用意しておきましょう。

視点③コーディング編

デザインが書けたら、HTMLやCSS等で、ページを作り込んでいきます。SEOにおいてテキスト等のコンテンツを活かし支えているのがソースコードです。
どのネットメディアもこれなしでは作ることができません。
当然、SEOを有利に働きかけるコーディングは存在します。
というより、効率よくSEOの順位を挙げるための算段がございます。
GoogleにPRするうえでも、適切なソースコードを書き記しましょう。

視点④コンテンツ編

昨今のSEOは、コンテンツの重要性が増す傾向にあります。
準備するコンテンツは、ユーザーから必要とされる内容でなければいけません。
ユーザーが必要とする情報がどのような物であるかを、分析したうえで、
コンテンツを作成しておくことが重要です。

ここでの話を分かりやすく説明します。
自分の好きなことをブログとして形にするのは、大いに結構です。
ですが、相手に伝わるように書くことが大前提です。
Googleにスパム認定されるようなサイトを書き続けるのは、後々記事や画像などを消さなければいけなくなるので、非常に勿体ないです。

記事や固定ページ等を作る際は、相手目線になって作成することを心がけてください。

視点⑤運用・管理編

SEOには、ゴールということはありません。その理由の一つに、競合他社の存在です。
強豪のWebサイトが変化すれば、それを受けて、寺社のWeba サイトの改善が必要になるケースが多々あります。

よくある話ですが、自分のサイトが人気になってくると、こんな質問も飛び交うようになります。

「Aのサイトでは、Yesと答えていましたが、あなたのサイトではNoと言っています。どちらが正しいのでしょうか?」

作っているあなたなら、もちろん答えれると思いますが、
自分の記事、相手の記事を読んでいると、確かに誤解を招く可能性があると思う時もあるのです。

記事を編集、管理を繰り返しすることで、より良いサイトを作ることができます。

手間暇かけてWebサイトを作った人こそが、SEOで同業他社に差をつけることができます。
Webサイトの置かれている環境を整備して、周辺環境を整備していきましょう。

まとめ

現段階で、これらのことをについて経験がなくても待った子問題はありません。
これまでSEOに全く関係のない生活をしていて、これからやるとなると非常に大変なのは重々承知です。
できることからやるようにしましょう。

本格的にSEOの対策をしていきたい人は、まずはキーワードプランから練っていきます。

分からない方がいればいつでも無料相談することもできますので、お気軽にご連絡くださいませ。