未分類

【新SEO知識】必要なSEO対策を業種別にみるとこうなります!

業種別に必要となるSEOの対策とは

SEO対策を、会社、フリーランスの人が対策するときにどういった対策をするかどうかを業種別にご紹介します。

SEO対策は様々な対策があるからこそ難しく感じる人も多いですが心配はありません。
業種別に書くことで、一つ一つを解決しやすくまとめました。
自分が足りてない部分は、外注したり、人に聞いたり、ゆっくり時間をかけて対策するようにしましょう。

デザイナー

検索順位のアルゴリズムにおいて、『読み込み時間=Webサイトの表示時間』も関係しています。この読み込み時間を改善していく中で、画像ファイルに着目すると、デザイナーは、最適な画像形式を選定の上、画質をなるべく落とさずファイルサイズを軽くすることが必要です。

デザインといえば、綺麗に見やすくサイトを整えることも大事ですが処理能力を抑えるため、読み込み時間を短縮するたの対策はデザイナーだからこそできる対策なのです。

コーダー(プログラマー)

コーダーは、リンク切れやソースコードエラー等を失くし、ソースコードを適正な形へ整えることが重要です。ユーザーの利便性を考慮したコーディングを行い、不適切な判断が下されるコードを取り除いたり、記述順序を入れ替えたりする必要があります。

SEO対策をするうえで、コーディングは基本的に必ずみなければいけません。
一人で営業している個人事業主や、ブロガーの人も5つの中で必ず身に着けてほしいスキルです。
一つずつ丁寧に学んでいきましょう。

Webディレクター(マーケッター)

Webディレクターやプランナーは、市場を把握し、コンテンツの主題や、Webサイト階層の企画、および客層を正確に把握したWebサイトを設置することが主な仕事内容です。
また、検索キーワードの抽出やその効果測定など、SEOを利用した戦略をプラン立てることが目的です。

少人数のチームでやる際は、ネットのことを深く理解できた人が、この職を携わると連携が上手くいくはずです。
今までのオフラインのマーケティングから、ネットに代わることで起こるメリットデメリットを洗いだして取り組むことをおススメします。

Webライター

ページ内の記事内容は、SEOにとっての重要度が高くなります。
魅力的な文章を書くだけでなく、SEOの知識を考慮しながら、文章作成能力が求められます。
検索キーワードを適切に入れ込みつつ、ユーザーにとって有益なコンテンツ作成をしていきましょう。

私事ですが、自分自身このジャンルが一番得意です。
SEO対策が施されている文章は、狙っているワードを上手く組み込むことが非常に大事になります。
一つの対策ワードの類語や、別の言い回しを考慮してライティング作業に当たってください。

Web担当者(仙人のSEO担当者)

新規Web サイトの作成や、Webサイト改善時に上で述べた担当者と話し合う必要があります。
作業を把握したうえで、強い部分と弱い部分を見定める力が必要となります。

主な作業とすれば、更新ページの内容をチェックの上、適切に書き換えることです。
Googleさんとのやり取り(アドセンス設定、アナリティクスなど)があるので、スケジュールに基づいて全体の動きや現在の状態が把握出来ていなければいけません。

これからのSEO対策をどうみるのか

外部Web サイトからのリンクを大量に張ることや、要素ごとにキーワードを入れ込むといったことを未だにしている人がいますが、それは旧来のやり方です。

今の時代は、『いいことをやったら伸びる』というのがSEO対策になります。
小手先テクニックによって、サイトが急上昇するわけではないので気をつけましょう。

また、上記で挙げた業種別のSEO対策は、ほんの一例です。
一昔前と違い、今では、SEOに必要な知識の寮と幅が膨れに膨れ上がりました。
そのため、SEOの責任者は、これらの作業を積極的に知識を蓄えていくと良いでしょう。

フリーランスの人は、まずはWebライターから取り組むようにしてください。
必要なSEOの知識がたくさんあるのと、量と質がどうしても時間がかかるポイントです。
サイトのクオリティを挙げたい気持ちはすごくわかりますが、まずは記事数を挙げることを意識していきましょう。

まとめ

『SEO対策』という言葉を聞くだけで敬遠してしまう人もいますが、落ち着いてやる内容を整理すれば混乱しない内容です。

闇雲に作業をすると混乱する可能性が高くなるので今回は業種別に説明しました。

会社で携わっている人は、改めて必要な項目を理解すること。
個人事業主の人は、ゆっくりでいいので一つ一つの業種を理解し、作業をするようにしましょう。

難しいと感じてしまう人は、いつでもご相談ください。