未分類

「高卒からの逆転」23歳までに月100万稼ぐ方法

こういうタイトルを付けると、「本当に100万稼げるようになるんですか?」と言われることがありますが、そういう人だからこそ最後まで読み進めてほしいです。

ここでは、いかにして長期的に稼げるシステムを構築していくか。
そのための自分の中の心構えを確立させるために書きました。
10代20代前半という、まだ心が未熟なうちに落ち着いて読んでほしい内容です。

また、家庭の事情、自分の学力レベル、何かしらの問題を抱えて高卒で学歴が終わってしまった人も同様に救いたいと思い書き記しました。
どれだけ心が苦しい思いをしても、時間は残酷にも刻一刻と過ぎていきます。
今後の人生、あなたにとって幸せの方向にベクトルが傾いてほしくこの記事を書くことにしました。

本題に入ります。

高校卒業後から20代前半までに心がけてほしいこと3選

私、泰祐にとって、不本意な結果に終わってしまった受験。
そこから自分が心がけて良かったことを三つご紹介します。

これを3年、5年続けるだけで見違えるほどのスキル、実力が着くはずです。
周りの友達は、大学に進学してデビューしている。

今の時代、大企業、一流会社の社員であれば稼げるということはありません。
世間は評価してくれていても、実際の収入、仕事内容は相応以上に大変なものです。

気になった分野をとことん勉強すること

本に触れる機会を増やす→時間かかっても大丈夫。
世間はプログラミングを押すが、常に新しい感覚を持ち合わせる柔軟性を持つこと。

よくメモをとること

メモの魔力について説明。
自分は、現在27歳なので『メモの魔力』という存在を20代前半で知らなかったが
常にメモを取りながら今後必要なことを学んでいた。

家事を怠らないこと

マズローの心理欲求について説明。
家事などの習慣化も大事。
勉強する前、仕事をする前に、自分の身の回りの掃除洗濯は必ずできるようにしよう。
自分の住んでいる地域、自分の身の回りにいる

自分が成長へと導いてくれた愛読書三選

今若い人に読んでほしい本をご紹介します。
勉強するのが苦手、本は時間かかるから避けてしまいがち。
と本嫌いを頭の中で抱え込んでいる人にこそ読んでほしい本です。

本を好きになってほしい。そうは思っていません。
自分がビジネスや、お金を稼ぐことに関して肯定的になるきっかけ作りです。

若い人だからこそ、今読んでほしい本をご紹介します。

メモの魔力

今20代30代の若者が読んでいるビジネス本。
自分を変えたい、会議をもっと効率よくしたい。
より良いマーケティングプランは何か。
そういったことを追い求めている人におすすめ。

メモとは、現代の魔法とまで言う著、前田裕二さんの言葉に引き込まれます。

七つの習慣

習慣化という意味では、ちょっとずれている?
という人もいますが、日頃から気を付けてほしいこと。
人間関係に不安がある人。人が人らしく幸せに生きていくために導いてくれる本です。
ぼくはあらゆるビジネス書の中でも、古くから変わらず好きな本です。

ちょっと難しく書いてくれるところも、ゆっくり読むときにはちょうどいい本。

熟読してほしいレベルの大好きな本です。

人を動かす

リーダーになる人にはもってこいの本ですが、
営業やマーケティング、数人程度でチームワークを発揮するときにも読んでほしいビジネス書です。

人をいかに自然な気持ちで行動してくれる、もしくは自分を動かせるかどうかは、すべてこの本に託されています。
世界的ロングセターのこの本は、日本社会を粋に抜くうえでも非常に役に立つ本です。

まとめ

「どんなにお金を出しても、20代からの時間は買うことができない」
あらゆる著名人の人がよく言うことですが、まさにその通りです。
孫正義さん、林修さん、成功していれば成功している人であるほど
「20代、30代はこう動けばもっとできた。」と思っているのです。

何もない今だからこそ、無我夢中に好きなことを見つけて、追求することができます。

高卒で何もない今だからこそ、僕のオススメ本から手を出して、ちょっとずつでも行動できるきっかけを作れたら幸いです。