未分類

初心者ブロガーにとっては究極の選択。雑記ブログと特化ブログはどっちがおすすめ?

ブログのタイプとして大きく二つに分けることができます。
様々な種類を記事にする雑記ブログと、一つのテーマを専門に扱った特化ブログです。
何がよいか、何を選んだら収入につながるかどうかは、人によって違います。

向き不向きがありますからね。

この記事では、初心者の人が「雑記」と「特化」どちらが向いているかを判断するための材料の一つとしてとらえてくれたら幸いです。
雑記、特化だとどのように収入に影響するのかも追って確認してみてください。

そもそもブログは継続するもの

ブログとは一記事一記事の積み重ねです。
定期的に更新している人は、何度もみたくなりますし
記事が多ければ多いほど、読者は喜びます。

そのため、発信する僕らにとっても、記事数をおろそかにしてはいけません!

毎日記事を書くことは、読者を楽しませることと変換して考えてOK。
ですが、普通は「継続して良かった!」と思える経験をブログで味わえた人は少ないことでしょう。

だからこそ、継続するための糧を見つけてほしいです。
ブロガー仲間や自分なりに
ブログを継続できた理由、きっかけをまとめました。

始めていて、楽しいと思える方を選ぶのはとても大事

一番は、自分が楽しいと思えることをブログにすることです。
収入や、ニッチマーケティング(競争率が少ない相場)のことは一回おいて考えましょう。

あなたの人生を振り返って、熱中したこと、その時感じたこと
あなたのこの一週間を振り返って、休憩中によくやること、続けていることを書くようにしましょう。

そうすることで、自分の楽しい、継続できるブログの大きなヒントになるはずです。

自分が「やりたい!」という感情があれば、知識や書く内容は今なくても心配ありません。

ブログ内容の絞り方

ジャンルは決めても、方向性、お客さんの層などを決めることで
そのブログの収益や、反響に大きく関わっていきます。

例えば、服飾の専門学校に通っていた人が、ネット上のスタイリストとして登場したとします。

服をスタイリングするといっても

親子と、小さいお子様の服を一緒にコーディングするのか
20代の女の子が、男の子にモテるためのファッションを探している方、
周りがあまり気を使わなくなる60代以上の男性でも、おしゃれがしたいという方

など、スタイリスト一つとっても、ターゲットがまるで違います。

自分が向いていると思うジャンルを選択して、しっかりお客さんの層も絞ってみましょう。

そうすることで、あなたに相談する意味を持つことができるので、質問等もたくさん来るように設定できます。

特化型ブログは専門性を売りにするからこそ、明確に設定してあげることが大切です。

雑記ブログの特徴

雑記ブログの特徴として挙げられるのが、『多様性』と『自分を売りにだすということ』です。

雑記ブログは多ジャンルにわたって記事を書きます。
そのため、『このブログは、いつも○○について書いている』という代名詞がないのが特徴です。

色々な記事を書けるからこそ、どういったジャンルの人が向いているのかというのを解説していきます。

特化ブログと対比しながら読んでみてください。

幅広いことに興味がある人にはとても向いている

幅広く知識がある人にはこのタイプのブログは向いています。

よく旅行に行って、その旅行先の情報を入念にチェックする人

どんな雑記ブログを参考にすればいい?

雑記ブログの中で、ブロガーと呼ばれる有名人をご紹介します。
やり方に関して、まずはみて感じ取るのも大切なことです

参考となる雑記ブログはこちら

・https://hitodeblog.com/miscellaneous-blog-hitode
・https://www.yukisako.xyz/

特化ブログの特徴

特化型ブログの特徴は、ジャンルを絞って専門性があるブログに多いです。
どういったジャンル

読者から「○○の人」と印象が付きやすい

特化ブログは、何の人か印象が付きやすいのが特徴です。
そのため、ある程度自分がのめりこみたいジャンルであることが非常に大切です。

どんな特化ブログの人を参考にすればいい?

特化ブログは様々なジャンルがありますが
youtuberのような人も参考にしやすいかと

・http://www.marketinglab.co.jp/
・https://sales-closing.net/

そのジャンルにおいて卓越した人を選びました。
参考にしてみてください。

まとめ

どちらのジャンルにも、プロはいますし、それで収入になっている人も沢山います。
そのため、自分が続けれるような人であることが大切です。

どのようにして、継続して
収入と胃兪ゴールに結び付けれるか不安な方は、

こちら

までお問い合わせください。

たいすけより。