未分類

ローカルガイドの一分間スピーチで、英語を流暢に話したい方必見!

ローカルガイドとは、Googleさんが提供しているサービス、Googleマップで表示される口コミ等を書くアプリのことです。
とはいえ、この記事にたどり着いている人は、ローカルガイドのことは一通り理解していることでしょう。
ローカルガイドでレベル5を超える人にとって、英語スピーチ一分間するということは非常に苦戦するはずです。
そこで今回は、このスピーチで何を話したらよいか、どうすればGoogleさんに喜んでもらえるスピーチを送ることができるかをご紹介します。

まずは日本語でまとめてみよう

日本語でもスピーチは難しい。

何もまとめずに話すと、一分は余ってしまう

挨拶とGoogleマップを始めた理由だけだと、必ず動画の尺は余ってしまいます。
余るどころか、半分以上が無言の時間かもしれません。

スピーチで話す内容として一番入れてほしいのは、
「何を中心に口コミを書いたか」ということです。
人によって得意不得意は分かれます。
そのため、自分が得意と思ったジャンルをまとめて、そこを中心に頑張ってきた報告は必ず入れておきたい内容です。

Googleさんにとって、詳細の地図を作ることは出来ませんが
みなさんの力があって、地図を完成させることができます。

そのため、自信をもって、自分の得意とするジャンルを紹介しながら、その点を中心に口コミをライティングしてることを報告すると、Googleとしても嬉しいはず。

得意とするジャンル、自分の投稿の偏りを利用しましょう。

まとめきれない人へ

あれもこれも話したいという方がいると思います。そういった方は、要点を一つにまとめましょう。

一分間では、そもそも話すことが限られてしまいます。

ですが、一つのことに絞って話すことで、聞き手も理解と共感をしながら刮目することができるのです。

絞るといっても、話すことは
1.自己紹介
2.なぜローカルガイドを始めたか
3.何を中心に話したか

これに沿って、それぞれ3~5文ずつ書き添えるだけで、そこそこのスピーチになるはずです。

相手の理解にペースを合わせて一分間スピーチの原稿を考えていきましょう。
そのために、一分間に抑えれるように、文章を要約してください。

Googleが日本人に求めていること

性別、出身など関係なくGoogleが募集しているイベントです。

そのため、英語力に差があるのはもちろん、
コミュニケーションや性格まで実に色々な人が参加し、楽しんでいるはず。

多少自分が苦手と思っていることでも、相手方は気にしないことはよくあります。

グローバルな目線から見ると、どういった点を日本人に求めているかまとめてみました。

満点の英語力を求めているわけではない

日本人に求めていない点として挙げられるのが、英語力です。
日本の公用語は日本語です。英語を話せる日本人の方が少ないのは、皆さんも生活していれば分かることでしょう。

そのため、完璧な英語力をコネクトライブまでに間に合わせるということはしなくても大丈夫。

日常会話程度の英語力は、半年程度集中して話せれば誰でも身につけれるはずです。
話す訓練は、日頃から行うようにしてください。

日本は世界的に見ても観光名所がいっぱい!

日本人には日本人に聞きたいことがあるはずです。
日本のどこの観光地がおすすめか、全世界の人が日本のどこがホットポイントか教えてくれるだけで、話は盛り上がります。

それは、Googleの人たちも同じです。
日本のおすすめ観光名所もスピーチに添えるだけで非常にためになるはずです。
あなたが日本で感動した観光地はどこですか?

その感動を一分間のスピーチに詰め込むのも考えてみてください。

まとめ

ローカルガイドを始めている人にとっては、
口コミが簡単で、英語を話すことをハードル高く感じている人も多いと思います。

ですが、人口でみると、数えなくても英語を話せる人のほうが多いのが現状です。
自分も2020年のコネクトライブには是非とも参加したい気持ちがあります。

もし今後参加される方は、一緒に英語力を鍛えるつもりで頑張っていきましょう!