未分類

相手から「お願いだから教えてください」と懇願される文章の書き方

ブログやHPで何かをお伝えするとき、「読者に教える」という行為をしたことはありませんか?
読者側も興味のあるジャンルを調べていくうちに、あなたのブログにたどり着くことでしょう。
そうなったとき、上から目線のような対応、ただただ自分の好きなことだけをを話しながら教える人は嫌われてしまいます。

文章という、やり取りが必然的に一方通行になる時だからこそ使える、
お客さんを一歩一歩階段を上るように教育する方法をこの記事でお教えします。

自分と相手のペルソナを設定しよう

ペルソナとは、その人の人物像を明確にすることです。
まず、誰に読ませたいかが定まらないと、言葉遣いや文章量などが決まりません。

その方が受け取って、嫌な顔せず、楽しく文章を読み終わることができるポイントを見つけていく必要があります。
入念に考えるところなので、人物像をノートに書いてみることをおススメします。

男女によって響き方が違う

男性と女性では、フレーズ、ワードによって響き方が異なります。
そのため、いざ何かをセールスするときに同じ文章を書いているのにもかかわらず
男性と女性では、購入率がばらばらのケースはよくある話です。

男女の特徴を述べたうえで、
男性女性どちらにも需要がある頭皮の育毛を例に挙げ、ご紹介していきます。

男性の特徴

「教わる人が自分より立場が上かどうかで判断する」

誰かから学びたいと思う時、男性は本能的に縦社会が存在します。
そのため、男性に文章で伝えて響く人は、自分を先生と認めてくれている人です。
柔らかすぎず、たまには熱意や本気度を表した言葉を使いながら表現することもアリです。

また、男性を相手にしているのなら、シチュエーションを男性に合わせて書くことも即効性があります。
男性の生活を想定して書いてみましょう。

例:

仕事のパートナーから「最近頭やばくない?」と声をかけられたことありませんか?
奥さんに言われる前に、今すぐ使ってほしい育毛剤○○

女性の特徴

「自分に共感してくれる人を好きになる」

女性は「協調性の生き物」と言われています。
そのため、柔らかい言葉、優しい言葉を適切に使っていきましょう。

男性とは違い、並列で意見をいうと共感されやすいです。
協調性と、目線を間違えずに文章を書き起こしてください。

ちなみに、こういったコピーライティングの知識は、悪用厳禁です。
必要なときに、必要な分だけ文章と感情をコントロールして書きましょう。

例:
・毎日の家事、合間を縫ってのお仕事本当にお疲れ様です。頑張りすぎているあなたの抜け毛、気になった時にこれ。
・家族のために頑張っているあなたを、また若い頃に戻したい。
頭皮に差っと塗るだけの育毛剤○○

年齢によっても文章の響き方が異なる

トレンドに敏感な学生から、昔のやり方をずっと続けている年配の人までいるこの現代。
インターネットという誰でも使うツールですが、年齢によって
響きやすい言葉は変わってきます。

例えで「タピオカ」を挙げれば、都会近辺にいる学生(とくに女子)が反応することでしょう。
「盆栽」を挙げれば、お年を召している人が嗜んでいる人がご覧いただけるかもしれません。

一見、読む前から「それくらい分かっている」という人がいますが、
メルマガ、記事など一つ一つの文字にブレがいる人が多い現状があります。

できるようで、意外とできていないことを、気づいたうえで、下記の場合をチェックしてください。

学生の場合

先ほど「タピオカ」を例に挙げましたが、
もうすでに古いという女子高生だっていることでしょう。

学生はトレンドに敏感であるため、流行っていると思ったら、すぐに廃れてしまう。
学生をターゲットに記事やブログを書いている人は、流行に敏感でなければいけません。

ですが、プラスになるようなことをいうとすれば、そのトレンドが爆発的な利益を生むことも多いということ。

タピオカ屋という小さな箱の中でも、行列は毎日あります。
もちろん、ピークが去れば、タピオカ屋も徐々に姿を消してしまいますが、ビジネスとは移り変わりが激しいものです。

文章というよりは、良いワード集めがとても重要になります。

文章も僕のような堅苦しい文章でなく、多少崩して書くと尚良。

少し→ちょっと、とても→めっちゃ

こう書いたほうが一部の層には必ずしっくりきます。
ライターとして活躍している人は、こういった言葉の変換がとてもうまいです。

以上のことを注意してライティングを心がけてください。

20代、30代の社会人の場合

社会人になると、独り立ちをしなければいけません。
一人で生きていくことの辛さが分かってくると、言葉遣い、気遣いなど色々なことにストレスをたまっている人もいることでしょう。

日本人の幸福度指数は世界的にみても低いです。
若くて、力のある若者であっても、例え生活が安定してても
外的刺激による快楽を求めているのが日本人にはあるといわれています。

文章を書いて、人を行動させるときは、そういった外的刺激にとして刺さるような文章を心がけましょう。

また

学生の頃は、親からもらうお小遣いで買っていても
大人となれば、自分の給料で好きなものを買うことができます。

そのため、学生時代、苦労していた時代よりは
「ちょっといいもの、値段が張るもの」でも問題はありません。

自分の行ったことのない地域のお酒、普段自分では買わない調味料
良いと思う幅も変わってくるのです。

仕事で必要な本、行きたかった土地のお酒など

例として出すだけでなく、アフィリエイトとしても有効活用できるはずであるため、
普段からこの層を中心に商売やライターをしている人は意識して書いてみてください。

まとめ

ちょっと内容としては、難しいと感じる人も多いはず。
今回は、知らなかった内容が多かったはずです。

ライターとしては、原則として、見えない相手でもその人を想像して書きます。
その人に、まるでラブレターを書くかのように、響かせるのがうまいライターです。

説得するタイプの親が子供に嫌われるように、言い方によっては嫌われてしまいます。
あくまでも、ラブレターを書くつもりでターゲットの生活を想像しながら書いてみるようにしてみてください。