自己紹介2

たいすけと申します。

昨今では増税、未知の災害、年金問題などある中で
会社員と同時にもう一つの収入の柱を得ようとする動きが後を絶ちません。

自分は主にブログとHP(ホームページ)について仕事として請け負っているため
多くの皆さんに、
・無料
・信ぴょう性がある
・実践しやすい
情報をお届けしようとこのブログを立ち上げました。

自分としても、多くの人がブログを通して、豊かな収入を得てほしい思いを込めて
作ったブログであるため、僕の自己紹介を僭越ながらご一読くださいませ。

多くの人がブログで生計を立てている人の生活が気になっていることでしょう。
ネットを使って稼いでいる人は、表に出る人が少なく、正体を隠す人が多いです。

それでは、日本でスローライフの生活を送る人を増やすことはできません。

ブログ記事を書けばお金がもらえる。
HPを作って個人事業主で稼ぐ。
家で仕事をしている人の生活を覗いてみたい。

そういった人のお気持ちに答えようと、このページで自己紹介として書かせていただきました。

名前:たいすけ
年齢:27歳
職業:HPを作る人、教える人
趣味:ご飯を作ること、ジム
座右の銘:苦手の中にヒント
ネットにおいての専門、得意分野:SEO、UXデザイン

このブログの運営者で、インターネット関連(主にブログやHP)についての仕事をしているので
皆様に自分のことを知ってほしいと思い、このブログを設立しました。

お人好し過ぎた未成年の僕

18歳の冬、受験勉強に励んでいた僕は自分の納得のいく結果はでませんでした。受験大失敗。
このまま大学に進学する予定でしたが、学力が乏しかったため、
高卒という最終学歴のまま、勉強を終えることになりました。

あまり裕福な家庭では無かったため、「親のためにも大学くらいは卒業したい」
と考えていましたが、気負いすぎてしまう性格のため、受験はうまくいかなかったです。

当時の自分は、勉強が好きなのかどうかも分からぬまま、受験勉強を取り組みました。
この方が生活のためなのかな、親も喜ぶのかな。
という、「他人が思っていたからやる」という精神のもと動いていたのです。

そのため、自分らしくしていたわけではありません。

そこからの自分は、社会人人生の幕開けです。

僕の19歳は、社会人一年目

学歴が無くても、職場はたくさんあります。
右も左も分からない社会人生活でしたが、寮生活で最低賃金を抑えることができたので
一定期間は、お金を貯めることはできました。

その時代大きかったのは、仕事である飲食店で出会った人たちです。
自分が働いた飲食店は、ラーメン屋、日本料理、居酒屋、イタリアンなど様々。

仕事はできるほうですが、精神力が弱く、忙しい東京の飲食店を続ける持久力も無かったです。

仕事はある程度出来ても、続けることができない自分の弱さに不甲斐なさを感じました。

様々な飲食店を経験した理由は、「料理が好きだから」ではなく、自分の弱さに合ったのです。

そんな飲食店の重労働を脱却すべく、その時からIT系の職種に興味がありました。
ネット関係については後で記述します。

誰でもできると言われている飲食の仕事は、とてもハードだった

色んな飲食店を経験すると、ハードさも異なります。
某ラーメン屋では、人手不足という理由で、朝八時から朝五時まで働き、そのまま朝八時にスタートしたこともありました。
本当に命の危険性を感じましたし、そんな中でもバイトの人たちが支えてくれたことは忘れもしません。
飲食店は、表沙汰にはなりませんが勤務時間がブラックな点はよくある話です。

今後IT系、ホームページや動画作成を学びながら、飲食店で働きたいという人は、
健全な飲食店を選ぶことを心がけてください。

知り得メモ
インターネットの知識など、勉強したいときのバイトは
時間通りのシフトであるところを選ぼう

飲食店で働き始めたのは、時間をかけてITを学ぶため

2010年頃の日本は、まだまだIT系への受け入れが無い時代でした。
アフィリエイトやFXなど、個人でもできる時代として、出始めていたころなので
「なにこれうさん臭くない?」
「やめた方が良いと思うよ」
というのが世間一般の声です。

とはいえ、ガラケーと呼ばれる携帯電話が、スマートフォンに進化した時代でもありました。
自分としては、こういった稼ぎ方がどんどん増えていくというのは、少なからず感じていたのです。勘はいい方だと思います。
同世代が、大学やら就活やらの道を行く中で、そこに疑問を持っていたのです。

みなさんはどうでしょうか?
世代や、自分の生い立ちによって変化はありますが、
いつ、「このままではまずいのかもしれない。」と疑問に思いましたか?

知り得メモ
いつの時代も、疑問に思って自分の考えを持つことを養うこと。

今まで始めたネットビジネスの数々

こういった動画や内容をご存知でしょうか?

画像を並べる

サイトのイメージが悪くなる可能性があるので
こういった画像を並べるのはやめようと思いました。

ですが、ありのままの自分を伝えるためにも避けては通れないので、載せることを決意しました。

東京での生活は、かなり苦しかったです。
バイトして頑張ってためたお金も、
家賃、光熱費、食費、生活費、年金、その他保険料、交際費で東京だとかなりお金が飛んでしまいます。

どれをとっても高いのが東京です。

そのため、
20代の自分にとっては、このような商材が光り輝いて見えてしまいました。
実際にネットで稼いでいる人がいてもおかしくないし、誰もアフィリエイトや投資のことを知らないだけで、知る人ぞ知るノウハウに興味がありました。

実際に始めたことのある人は、よく知っているかと思いますが
こういった商材は、最終的に20万~50万ほどの大金が必要で、かつ内容も薄いものが多かったです。

もしくは、簡単、3クリックといいつつ内容はかなりの労力が必要なものです。

せっかく飲食店の寮に入っていたというのに、お金の使い方が無知でした。

これを呼んでくださった方には、自分からメールはもちろん、直接でもお話して、どのように悪く、自分が苦労したか伝えたいほどです。

こういった情報商材には、興味があっても手を出さないようにしてほしいと切に願います。

少なかったが大きな一歩、ネットでの初収益は変えられない財産

これからブログを書き始める人、まだ収益を出したことがない人にとって
この壁は高くそびえたつものと思っている人も多いはず。

実際、自分はメンタルが弱かったので、続けていてもどこかで不安になり
稼ぐということをどこか自分の中で諦めていました。

ですが、これだけは覚えてくれると嬉しいです。
作業をしていれば、金額は人それぞれですが
必ず稼ぐ、必ず収入のサイクルを作ることは可能です。

ブログはお店を持つということ。
そのお店をどうやりくりしていくかは、自分の思っているよりもたくさんあります。

その大半が、今自分が知らなかった知識だとしても問題ありません。
全員が知らない中挑戦したので、あなたもその一歩を踏み出してみてください。

自分の場合、初収益は3万円でした。

自分の場合、初収益は三万円でした。
「どうやって3万円を得たの?」
と聞かれると、話が長くなってしまいますが、是非読んでほしいです。
当時、自分はピアノが得意でした。
特に音大や、コンクールに出てはいませんが、一通り楽譜は練習すれば引くことができます。

そのため、ブログもピアノを教える名目でブログを書き始めたのです。

勘の良い人は、こんな疑念を抱くのではないでしょうか。
「ピアノを教える人って、有名音大や資格が必要なんじゃないの?」

おっしゃっていることは大いに分かります。
どんな方も、僕に教わるよりは、月謝を払って有名なピアニストのところへ習ったほうがためになりますよね。
ですが、そもそもそこがおかしいと問題提起したいところ。

ピアノが上手くても、教え方は比例するとは限られません。
どの業界でもプロはいますが、その人たちの弟子が同じように結果を出すとは限らなかったのです。

そしてもう一つ。
自分が一番教えやすい層を考えました。

プロになりたい人は、自分のところは向いていないのは誰もが知っています。
ピアノを習う人は他にもいるはずです。

・娘に音楽センスを身に着けてほしいと願う母
・大人になってからだけど、ピアノできるかしら。と遅咲きに目覚める大人

そういった人もどこかで適したピアノの先生を探しているはずです。

昨今では、まらしぃさんやゆゆうたさんのような、youtubeで活躍する一般の人も出ています。

ゆゆうた、まらしいのyoutubeを貼る。

趣味がピアノってだけで収入が得れる世界は素敵です。

自分もコンサルとして、教えることを名目で、そのお代が3万円。
ブログを通して募集したのがきっかけです。

自分の場合、実に4年と半年収益に時間がかかりました。

「え?そんなにかかったの?自分には無理じゃん…」
そう思わないでください。
この回り道をしてほしくないからこそ、
これから収益を挙げようと奮起している人には伝えたいところです。

そこからの自分の活動

初収益が長かった自分にとっては、最初の三万円というのは本当に嬉しかったです。

本当に長かった…
今でもその日々、収益が久しく出なかった思い出を忘れることはありません。

ピアノのブログの方は順調に顧客が増えてきました。

月によっては、100万を越すこともありました。
ですが、それだけ好調だったピアノのブログもやめることにしたのです。

根は優しい性格の自分にとっては、
初収益に苦しんでいる自分のような人を早くブログでクラスというステージに連れていきたいと思うようになりました。

収益を挙げるためのワザ。たくさんあります。
考えないといけないこと。たくさん伝授したい。

そういう思いがあって、このブログを立ち上げました。

このブログでは、様々な情報を発信していく予定なので、是非とも活用してください。

個別相談のお知らせのページも貼る。